EDになる原因を紹介!大阪や福岡のクリニックでシアリスを服用しよう

EDは薬で治る

EDってどんな症状なの?

EDの症状としては「勃起が十分に出来ずに、性交が上手く行なえない状態」のことを指しています。EDを発症してしまうと、性欲は問題なく発生するが興奮しているにも関わらず勃起しない、勃起が持続しないなどになってしまいます。このような症状に心当たりがある人はEDを疑った方が良いでしょう。日本は大阪をはじめとしてED大国と言われています。

EDになってしまう要因5つ

器質的な障害

器質的な障害、つまり動脈硬化があったり、神経系に損傷がある場合はEDを発症してしまうことがあります。若い人でも油ものが多い食生活をしていると動脈硬化になることがありますが、50歳代になると誰もが起こり得ます。

心的ストレス

精神的なストレスがあるとそもそも性的興奮を覚えず、勃起をしにくい状況が生まれます。まだ若いのにうまく勃起しない人はこの心的ストレスが原因になっている場合があるため、まずは心にかかっているストレスから除去します。

混合した要因がある

器質、心因ともにEDの要因がある場合、その原因の治療から求められていきます。勃起不全の治療をすることで心的なストレスが除去される場合もありますが、高血圧や糖尿病の場合は急がずに生活習慣病の治療から行なっていった方が良いです。

服用している薬剤

病気の治療中で、特定の薬を服用している場合はその薬剤に含まれる成分によって勃起不全が起こっている可能性もあります。中枢神経に働く消炎鎮痛剤などはその一例です。勃起不全の症状が出てきたら量を減らすなどの対処ができます。

前立腺の疾患

排尿の役割や精液を生成する働きをする前立腺ですが、この部分に障害があると勃起不全が起こってしまうことがあります。排尿がうまくできないことで心的ストレスがかかることも。起こりうる病気としては前立腺肥大、前立腺炎などがあります。

【PR】
EDなら大阪の先生にお願いしよう
優秀な先生に依頼することができる【PR】
シアリスは福岡で処方してもらえる。
男性特有の悩みを改善!

EDを治療するためには

男性

「不能」ではない

EDという言葉は今や一般的に浸透していますが、性機能のことは日本ではあまり話題になることもありませんので、未だに間違って認識している人もいます。まず、EDとは「性的に不能」というわけではありません。性的に不能であれば、勃起をすることもできないという意味合いをもちますので、「インポテンツ」といわれることもありました。しかし、勃起の状態が不全ということなので、勃起はするが持続力もない、という人もED治療の対象になります。調査してみると、症状が重度な人から軽度な人を含めて、日本では男性全体の三割はEDの症状があるといわれています。

治療薬を活用する

現在では日本人男性の4人に1人はEDに悩んでいると言われており、身近な病気になっています。最近だとED治療を専門的に取り扱うクリニックが大阪や福岡などの都市部で増えています。ED治療を専門的に取り扱うクリニックでは色々な療法が行われていますが、基本的な治療方法は薬物療法で、バイアグラやレビトラ、シアリスを使用しています。バイアグラ、レビトラ、シアリスは厚生労働省より認可を受けているED治療薬となっているので、多くの人に高い効果が見られます。

クリニックで処方してもらう

レビトラやシアリスを服用することで重篤な副作用が現れることはありませんが、ED治療薬を服用できない方や併用禁忌薬などがあるので、服用時は医師の診察を受けることを強くおすすめします。レビトラやシアリスは、インターネットを通じて個人輸入することが可能ですが、不正規のルートで入手した治療薬は偽造品の可能性が高くて、それを服用することによって健康に被害を及ぼす可能性もあります。そのため、安全に使用したのであれば、ED治療を専門的に取り扱うクリニックに行くことが1番でしょう。

EDを治療するために把握しておきたい情報

男性

飲む際の注意と考え方

EDを治療するために、人気の高いED治療薬「シアリス」を服用すると良いでしょう。ここでは、人気のシアリスを正しく知識を持って服用するための情報が載っています。安全に服用してEDの症状を改善してみませんか。

READ MORE
広告募集中